印鑑と旧漢字

イメージ画像

印鑑は自分の苗字が一般的ですが、下の名前で作る方もいます。
特に女性は婚姻して苗字が変わると、銀行届出印の変更などが手間になってしまいますので、最初から下の名前で…という方がいます。

私は苗字です。しかし、単なる苗字の印鑑ですが、悩みがあるのです。
それは、漢字について!旧漢字が正式な苗字なのですが、普段は旧漢字は画数が多くて面倒で使っていません。

印鑑は旧漢字で作りました。例えば、「さいとう」という苗字には何パターンも存在します。
「斉藤」「斎藤」「齋藤」「齊藤」。面倒だから画数少ないやつで!と言いたいところですが、自分の身分証明と異なると、諸手続きがスムーズにいかない場合が想定されます。
なので正式な自分の苗字で作っておいたほうがよいです。

分からない場合は、住民票等公式書類で確認しておくのがおすすめです。
私の知り合いには、これで失敗した人がいます。
印鑑の文字と、公式書類の文字が異なったため、手続きに待ったが掛かってしまったのです。

また、珍しい苗字の場合に困ることがあります。すぐにはんこが欲しいが、既製品がないため、オーダーして完成を待たなければならないということです。気軽には手に入らないという苦悩があるのです。

よく店頭にあるはんこがズラリと並ぶケース。
その中を覗き込み、自分の苗字を探したことがある人は多いはずです。
自分の苗字が珍しいために、そのケースに入ってないと、「あれ?私の苗字は珍しいんだ!」と認識させられます。

このページの先頭へ